WoD Alpha Patch Notes – Active Mana Regeneration

またまたパッチノートに追加。 Active Mana Regeneration(マナ回復手段)

http://us.battle.net/wow/en/blog/13423478#active_mana_regen

 

ヒーリングの変更の一環として、マナ管理をしやすく。 今はマナを犠牲にして出力を上げることができるが、さらに時間(cast time)やヒール量、マナを一時的に犠牲にして「保管」し、後で使う、という手段を追加。

Druid

  • Innervateは2s castでCD無しのスペルに変更し、4秒毎に最大マナの2.5%を8秒間回復。 ヒールにマナを使うとこの効果は切れる。

Monk

  • Crackling Jade Lightningのチャネル時間を4秒に短縮。
  • Stance of the Wise Serpentを使うと、Crackling Jade Lightningのマナコストが無くなり、チャネルが完了すると最大マナの2%を回復。

Paladin

  • Divine Pleaは(また)変更され、インスタントでCDが無くなるかわりに、Holy Powerを3つ消費して最大マナの7%を回復。

Priest

  • Atonement HealはPenanceで発動しなくなる。
  • Penanceがダメージを与えるたび、最大マナの1.1%を回復。
  • Chakra: Chastiseは既存の効果に加えて、SmiteとHoly Fireのマナコストを無くし、castの度に最大マナの0.75%を回復するようになる。

Shaman

  • Telluric Currentはpassiveの効果となり、Lightning  Boltのマナコストをなくし、castの度に最大マナの1.25%を回復するようになる。
  • Glyph of Telluric Currentは削除。