Holy PaladinのEternal FlameとLight of Dawn

 

 

 

Eternal Flame (EF) と Sacred Shield (SS)、結局どっちがどうなのよ、ということで。

一般的にEFを取った場合はHoPoフィニッシャーはEF、SSを取った場合はLoD、というのが定説である。ここで2つを比較してみる。

Eternal Flame

(264.591% + 10% * 15tick) * 1.5(Holy Insight) * 1.05(Seal) = 652.9808%

Light of Dawn

24.4992%/1人 * 3HoPo * 6人 * 1.5(Holy Insight) * 1.05 (Seal)  = 694.5523%

 

単純なヒール量ならLoDのほうが上。ただし、Raidでは通常TankにBeaconが2つ入るので、単体ヒールは倍のヒール量、AEヒールは3割増しになる。

Beacon of Light/Faith

Beaconの対象以外へヒールの50%(単体ヒール)または15%(AEヒール)をBeacon対象に転送。

 

EF: 652.9808 * 2 = 1306%

LoD: 694.5523 * 1.3 = 903%

単純計算だとEFのほうがヒール量が多いという結果。ただしこれはあくまで単純計算で、Overheal (OH)を全く考慮していない。

EFの特徴はそのHoTだが、HoTの特色と、その持続時間の長さから、OH率が他のヒールと比べて高い。Logsをざっと眺めると、大体HoTの40~60%程度がOHになっている。 さらにヒール量の半分がBeacon由来であり、Beacon Healもその特色上OHが多い(30~50%)ので、実際の有効ヒール量は理論値より下がる。

一方、LoDはヒール量では劣るが、HoTが無いという点と、その大半がBeacon Heal以外であるため、OHを低く抑えられる(5~10%)。 これを加味して計算した結果が以下のグラフ。 LoDは10%、EFのDirect Healは20%のOHで計算。

lodvef

縦軸は有効ヒール量、横軸がBeaconヒールのOH率。 EFのHoTは状況によってOH率が変わってくるため、30%~60%で複数プロット。

これでわかるのは、Beacon OHとEF HoTのOHが高い状況になるほど、LoDのほうが有利になるという事。 Beacon OHが高い場面というのは、他に専属Tank Healerが居る場合など。EF HoTはその性質上あまり低くならない(他のヒーラーがHPを戻してしまう)場合が多いが、Raid damageが常に発生しているような戦闘では低めになる。ただし、そいういう場合ではLoDのOHもさらに低くなる。

ここで忘れてはいけないのがSSの存在。 SSを取ると、LoDに加えてSSももちろん利用可能になる。EFとLoDを単純に比較しても「場合による」というレベルの差でしかないため、これにSSを加えたら(ヒール量比較なら)SS+LoDに軍配が上がる。ただし、SSはマナを食う。

また、EFをとっている場合でも、純粋なAE Healの状況であれば、OHの状況次第では(一般にはNGとされている)LoDを使うという選択肢も考慮してもよさそう。

 

結論

LoDは言われているほど酷くない。特に、OHが低いという点で有利で、ヒール総量に対してBeacon転送量が低いため、Tankへのヒールがさほど必要とされない場面で有利。 一方、EFはTankへの間接ヒールを厚くできるのと、Raidダメージが低くAEが不要な状況でも有効に使えるため、汎用性が高い。

ただし、10~15人程度の小さなRaidにおいては、LoDの対象6人を確保するのが困難になる可能性が高いため、ほぼEF一択となりそう。 Mythicの20人、あるいはそれ以上のサイズであれば、LoDの出番はある。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中