WoD Alpha Patch Notes – Buffs/Debuffs

WoD Alpha patch notesの第二弾、buff/debuffセクションの訳。

 5/23更新分

 

Weakened ArmorとPhysical Vulnerability

Weakened ArmorとPhysical Vulnerabilityは、効果がかなりオーバーラップしているので、Weakened Armorの効果を無くし、Physical Vulnerabilityをより多くのクラスが提供できるように修正。

  • Physical Vulnerabilityは、効果が4%から5%に上昇
  • Faerie FireはWeakened Armorの代わりにPhysical Vulnerabilityを付加し、30秒間、対象の被物理ダメージを4 5%上昇させる。
  • DevastateからWeakened Armorの効果を削除。
  • Tallstrider: Dust Cloud, Raptor: Tear Armorを削除。
  • Expose Armor、Sunder Armorを削除。

Weakened Blows

Weakened Blowsは、主にtankのみが提供できたdebuffで、どのtankも自動的にWeakened Blowsを付与していたので、Weakened Blows自体を削除し、その分敵のダメージを下方修正。

  • 以下のスキルは、Weakened Blowsを付与しなくなる
    • Death Knight (Blood): Scarlet Fever
    • Druid: Thrash
    • Monk: Keg Smash
    • Paladin: Crusader Strike; Hammer of the Righteous
    • Shaman: Earth Shock
    • Warrior: Thunder Clap
  • Bear: Demoralizing Roar; Carrion Bird: Demoralizing Screechを削除。

Cast Speed Slows

Cast speed低下のdebuffは、主にPvPでのみ効果を発揮し、casterにとっては非常に不愉快なdebuffで、instant-castのスペル利用を推進する方向(WoDの方針とは逆行)に働くため、このdebuffシステム自体を削除。よって、

  • Death Knight: Necrotic Strike、Mage (Arcane): Slow はcast speed低下の付加効果を削除。
  • 追加で、Slowは同時に複数の対象にcastすることができるようになる。

また、以下のスキルは削除される:

  • Hunter Pets, Core Hound: Lava Breath; Fox: Tailspin; Goat: Trample; Sporebat: Spore Cloud
  • Rogue: Mind-numbing Poison
  • Warlock: Curse of Enfeeblement

Spell Haste、Attack Speed

ゲーム中に多々あるHaste系のbuffを統合する一環として、Melee HasteとSpell Hasteのbuffを統合し、ひとつのbuffで全員に効果が出るように修正。 よって、今までMelee Hasteを提供していたスキルは、追加でSpell Hasteも提供し、逆もまた然り。 また、Hunter PetのHyena: Cackling HowlとSerpent: Serpent’s Swiftnessは削除。

その他

  • Blood DKには、Lv80でPower of the Graveという新しい+Masteryのpassiveを追加(Shamanと同じ)。
  • Brewmaster Monkは、WW Monkと同様にLegacy of the White Tigerを習得可能に。
  • 以下のスキルは、追加で15秒間、対象の被スペルダメージを5%上昇させる。(CoE/Master Poisonerと同等)
    • Monk (Windwalker): Rising Sun Kick
    • Priest (Shadow): Mind Blast
広告

WoD Alpha Patch Notes – Ability Pruning

WoD Alphaのpatch notesが公開されました。 内容が多いので、今までカバーしなかった部分を抜き出して訳します。 今回はAbility Pruning(アビリティ増えすぎたので減らしときますねー)

 5/23更新

全般

  • 各スキルを習得するレベルを見直し。

Death Knight

  • Army of the Deadはダメージが1/4に。
  • Blood Boilを削除。 Blood Boilの効果は、Pestilenceに追加される。
  • Blood Parasiteを削除。
  • Rune of the Nerubian Carapaceを削除。
  • 二刀流はFrost限定に。
  • Horn of WinterはRunic Powerを生成しなくなり、CDもなくなり、1時間持続する(普通のグループBuffと一緒ですね)
  • Necrotic StrikeがFrost/Unholy限定に。
  • Raise DeadはUnholy限定に。 1分CDで、永続的なペットのGhoulを召喚する。
  • Master of Ghouls?知らない娘ですね。
  • Death Coilは、FrostだとFrost Strikeに置き換わる。
  • Rune Strikeを削除。 Blood DKは代わりにDeath Coilを使う。
  • Blood Strikeは、FrostだとObliterateに置き換わる。
  • Unholy Frenzyを削除。

Druid

  • Enrage、Mangle (Cat Form)、Nourish、Swipe (Bear Form)、 Symbiosis、Bear Hugを削除。
  • InnervateをRestoration専用に。大丈夫、マナコストはちゃんと調整したから。
  • どのSpecでもShredが可能に。
  • Pounceを削除。 Pounceの効果はStealth中にRakeを使うことで発動する。
  • Ravageを削除。 代わりに、Stealth中に使うShredのダメージが35%上昇。

Hunter

  • MMからArcane Shotを削除。
    • Thrill of the HuntはAimed ShotのFocusコストを低減。
  • Aspect of the Iron HawkはIron Hawkに改名。Passiveでダメージを10%軽減。
  • ペットのスキルとしてのCowerを削除。
  • Aspect of the Hawk、Distracting Shot、Hunter’s Mark、Lock and Load、Rapid Fire、Lynx Rush、Rapid Recuperation、Widow Venomを削除。
  • Rapid FireはMM限定に。
  • SVからKill Shotを削除。
  • Black ArrowはデフォでLock and Load効果が付く。
  • StampedeはLv75のタレントになり, Lynx Rushと置き換わる。
  • ペットのスキルRabidを削除。
  • Serpent StingとImproved Serpent Stingを削除。
    • Serpent SpreadはSerpent Stingに改名。SVのpassiveで、Multi-ShotとArcane ShotでSerpent StingのDoTが付く。
  • Revive PetとMend Petは同じスキルになり、Petがいるかどうかでどちらかの効果が発動する。

Mage

  • Fire Blastは、ArcaneだとArcane Barrageに置き換わる。
  • Frostfire Boltは、ArcaneだとArcane Blastに置き換わる
  • Fire Blastは、FrostだとIce Lanceに置き換わる。
  • Arcane ExplosionがArcane限定に。
  • BlizzardがFrost限定に。
  • Deep FreezeがFrost限定に。
  • Cone of Coldは、FireだとDragon’s Breathに置き換わる。
  • EvocationがArcane限定に。
  • FlamestrikeがFire限定に。
  • Pyromaniacを削除。
  • Frost ArmorはFrost限定のpassiveとなる。
  • Mage ArmorはArcane限定のpassiveとなる。
  • Mana Gemはなくなりました。
  • Molten ArmorはFire限定のpassiveとなる。
  • ShatterがFrost限定に。
  • Polymorphの各種外見変更は、Glyphで提供したりするのではなく、Polymorphの習得と同時に全て自動的に習得し、Polymorphのグループスペルとなる(Portalみたいな感じ)。

Monk

  • Avert Harm、Clash、Adaptation、Power Guard、Spinning Fire Blossomを削除。
  • DisableはWindwalker限定に。
  • Healing Sphere(スキルそのもの)を削除。 他のスキルは引き続きマリモを生成する。
  • Surging Mistは全specで使えるようになり、Ox/Tigerスタンスでは30 Energy。ただしChi生成はMistweaver限定。
  • Stance of the Fierce Tigerは、MistweaverだとStance of the Spirited Craneに置き換わる。
  • Stance of the Fierce Tigerは、BrewmasterだとStance of the Oxに置き換わる。

Paladin

  • Art of Warを削除。 ExorcismのCDは、Auto-attackによって一定確立でリセットする。
  • Avenging WrathはRetributionとHoly限定に。
  • Devotion AuraをProtectionからのみ削除。
  • Divine Favorを削除。
  • Divine LightをHoly Lightに改名し、Holy Lightは削除。
  • Divine PleaはHoly限定に。 大丈夫、マナ(ry
  • Guardian of Ancient KingsはProtection限定に。
  • Hand of Salvation、Inquisitionを削除。

Priest

  • Binding HeaをShadowから削除。
  • Greater HealをHealに改名し、Healは削除。
  • Inner Focusからマナコスト低減効果を削除。
  • RenewはHoly限定に。
  • Shadow Word: DeathはShadow限定に。
  • Hymn of Hope、Rapture、Void Shift、Inner Fire、Inner Willを削除。

Rogue

  • Disarm Trap、Shadow Blades、Redirect、Ambidexterityを削除。
  • RuptureとFan of KnivesをCombatから削除。

Shaman

  • Ancestral Awakeningを削除。
  • Feral SpiritからSpirit Biteを削除。
  • Flametongue WeaponをRestorationから削除。
  • Frostbrand WeaponはEnhancement限定に
  • Greater Healing WaveはHealing Waveに改名され、Healing Waveは削除
  • Healing Tide TotemはRestoration限定に。
  • Primal Strikeは、EleとRestoではLava Burstに置き換わる。
  • Magma TotemはEnhancement限定に。
  • Rockbiter Weaponを削除・・・ついにこの時が来た・・・
  • Static Shockを削除。
    • StormstrikeとStormblastは、Lightning Shieldの効果中においては30% ダメージが上昇する。
  • Stormlash Totemを削除。
  • Searing Flamesを削除。
    • Flametongue Weaponのダメージが40%増加。
    • Lava Lashのダメージが武器ダメージの140%から280%に増加。
  • Lightning Shieldは、RestoではWater Shieldに置き換わる。

Warlock

  • 全てのSoulburn効果は、Soulburnを習得した際に同時に習得される。
  • Curse of ExhaustionとCurse of the Elementsは対象から10ヤード以内の全ての敵に効果。 一つのターゲットに対してどちらか片方としていた制限を解除。
    • Metamorphosis: Cursed Aurasを削除。
    • Curse of ExhaustionとCurse of the ElementsのSoulburn効果を削除。
    • Fire and BrimstoneのCurseへの効果を削除。
  • Drain LifeからSoulburnの効果を削除。
  • Health FunnelからSoulburnの効果を削除。
  • Drain Soul、Fel Flame、Soulshatterを削除。
  • Malefic Graspを削除。 その効果はDrain Soulに統合され、Afflictionは代わりにこっちを使う。
  • Metamorphosis: Void Rayを削除。
  • Metamorphosis: Carrion Swarmを削除。
  • Pyroclasmを削除。 Chaos Boltへの同等の効果はBackdraftに付加。
  • Raind of Fireは、AfflictionではSeed of Corruptionに置き換わる。
  • Unending BreathからSoulburnの効果を削除。

Warrior

  • Battle ShoutはRage生成せず、1時間のBuffとなる。
  • Commanding ShoutはRage生成せず、1時間のBuffとなる。
  • Berserker RageはEnrageをトリガーせず、Rage生成をしなくなり、物理ダメージ上昇効果を削除。 Berserker RageはFear、Sap、Incapacitateへの対抗手段という位置づけになる。
  • Berserker Stance、Cleave、Demoralizing Banner、Skull Banner、Throw、Overpowerを削除。
  • Hamstringは、Mortal Strike, Bloodthirst, Revenge, and Raging Blowの各スキルに、同等の効果を付加するpassiveとなる。
  • Rallying CryをProtectionから削除。
  • RecklessnessをProtectionから削除。
  • Shield WallがProtection限定に。
  • Armsでは、Heroic StrikeがMortal Strikeに置き換わる。
  • Thunder ClapをFuryから削除。
  • WhirlwindはFury限定に。

WoDでのHPとヒーリング

前回から引き続きWoDアップデート、今回はHealthとヒーリングに関するえとせとら(簡易版)

http://us.battle.net/wow/en/blog/13183878/dev-watercooler-building-healthy-gameplay-3-7-2014

プレイヤーHPとResilience

Base ResilienceとBattle Fatigueはビミョーなので無くす方向で。

ということで、これら無しにプレイヤーの生存率上げるために、HP2倍。 でもPvEでのバランスは維持したいからモンスターは同じだけ痛く。あとヒール量も増加しないとヒールしきれないので増加。 結果として、モンスターの痛さは変わらないけど、プレイヤーの痛さは半減。

これだけだとResilienceとBattle Fatigue無くすのに足りないから、Crit Damage/Healingも200%から150%に。(古参プレイヤーなら昔は150%だったなーと懐かしめますね!)

これでBase ResilienceとBattle Fatigueを0%にできるはず(たぶん)。できなかったらごめん。

ヒールスペルの調整

今のヒールって強力すぎる。RaidでHPバーがイコライザーみたいになってて、即死級のダメージがバンバンいってる状態。 ヒーラーとしても、プレイヤーHPが0%か100%の二択じゃなくて、その中間を行ったりきたりしたほうが面白いので、そういう方向で。

ということで、プレイヤーHPとモンスターのダメージの増加率に比べて、ヒール量の増加率は意図的に低く、 総HPに対して、ヒールは相対的に弱くします。 さらに、HPとヒール量のスケーリングも同等にして、HPに対してヒール量が極端に多くなることを避けます。もちろん、Raidボスは相応にチューニングするから無問題。

あと、今までHPの%で回復してたスキルは、HP増加と同時に強くなりすぎるのでnerfしときました。

Absorbも強すぎるから若干nerfね。Discが特殊なのは一応考慮。

ヒーラーには、「誰を、どのスキルで」ヒールするかというのを意識してもらいたいので、passiveとかauto-target系は減らして、smart healはちょっとおバカになります。一応ペットとプレイヤーの区別は出来るので心配なく。

AEヒールはちょっと効率がよすぎたから、おおかたヒール量を減らす方向で。一部コスト上昇も。

最後に、Heal/Holy Light/Healing Wave/Nourishみたいな、弱くて軽いヒールは無くす方向で。 名前は別のスペルで再利用。

ヒールの選択肢をクラス別にまとめると:

  • Druid 燃費重視: Healing Touch, Rejuvenation, Efflorescence
  • Druid 出力重視: Regrowth, Wild Growth
  • Monk 燃費 Soothing Mist, Renewing Mist
  • Monk 出力: Surging Mist, Spinning Crane Kick
  • Paladin 燃費: Holy Light(現Divine Light), Holy Shock, Word of Glory, Light of Dawn
  • Paladin 出力: Flash of Light, Holy Radiance
  • Priest 燃費: Greater Heal, Circle of Healing, Prayer of Mending, Holy Nova (新しいDisc限定バージョン), Penance
  • Priest 出力: Flash Heal, Prayer of Healing
  • Shaman 燃費: Healing Wave(現Greater Healing Wave), Riptide, Healing Rain
  • Shaman 出力: Healing Surge, Chain Heal

基本的には、Cata時代の三択から、一番軽いヒールの選択肢を除外して二択になるってことですね。

「マナ回復どうなるの?」と心配しているそこのアナタ。 大丈夫ですよー、初期のmana regenは高めに設定しました。 スケーリングは抑えるので、拡張後期にマナが使い切れないってこともなくなりますね。

Instantヒール

InstantのヒールってPvPだとCCかSilenceで止めるしかないし、うざいよね、ということで、CCとSilenceを減らす(前記事参照)のと同時に、Instantヒールも減らす方向で。 以下のスペルは全て1.5s castに。

  • Wild Growth
  • Uplift
  • Eternal Flame/Word of Glory (Holy限定)
  • Light of Dawn
  • Cascade/Divine Star/Halo (Shadow以外)
  • Prayer of Mending

今回はこのへんで。

WoD追加情報: Racials、CC、Skill削減

MMO-Championより http://www.mmo-champion.com/content/

 

Racials – Alliance

  • Human
    • Mace/Sword Specializationは無くなる。(Hit/Expが装備から削除されるため)
    • The Human Spirit: 現状は+Spiritだが、任意(UIはデザイン中)のSecondary Stats2つへのボーナスに変更
    • Every Man for Himself: itemization次第でnerfが不要の可能性も。
  • Draenei
    • Heroic Presence: Primary Statへの追加ボーナスへと変更。
    • Gift of the Naaru: 同じ量をヒールするが、時間が5秒間に変更。
  • Night Elf
    • Quickness: 2% run speed (passive)
    • Touch of Elune (new): 夜間は1% Haste、昼間は1% Critのボーナス(Haste Breakpointの概念はなくなります!)
  • Gnome
    • Escape Artist: CDが1.5minから1minへ変更
    • Shortblade Specialization: Nimble Fingersへと変更、効果は1% Haste。
    • Expansive Mind: 5% max Manaから、5% max Mana/Energy/Rage/Runic Powerに変更。
  • Dwarf
    • Crack ShotとMace Specializationが無くなる
    • Might of the Mountain (new): 2% Critical Damage/Healing(Critではないので注意)。
    • Stoneform: 追加でMagic/Curseを消せるが、CC中には利用不可。

Racials – Horde

  • Undead
    • Will of the Forsaken: CDが2minから3minへ変更
    • Touch of the Grave: Scaling調整
  • Blood Elf
    • Arcane Acuity (new): 1% crit
    • Arcane Torrent: マナだけでなくChi, Runic Power, Rage, Holy Powerも回復
  • Orc
    • Axe Specializationが無くなる
    • Hardiness: Stun持続時間軽減が15%から10%にnerf。
  • Tauren
    • Endurance: +Staminaボーナスへと変更。
    • Brawn (new): +2% Crit Damage/Healing (Dwarfと同じでcrit率ではないので注意)。
  • Troll
    • Berserking: 20% Hasteから15% Hasteへと変更。
  • Goblin
    • Time is Money: 1% cast/attack speedから本当のHasteへと変更(すでに変更済みだった気も)。

Crowd Control

  • Silence効果はInterrupt効果から完全に切り離される。 Silenceは今後も存続するが、Interruptと一緒になることは無い。
  • Disarmは無くなる。
  • DRカテゴリを削減。
    • 全てのRoot(移動不可になるが行動可能の効果)でひとつのカテゴリ
      • ただし、Chargeに付随するようなものはこの限りではない(その代わりに持続時間が非常に短い)
    • 全てのStunでひとつのカテゴリ
    • Horror(Mortal Coil, Psychic Horror)とIncapacitate(Poly, Trap, Sap, Charmなど多くのCC)両方でひとつのカテゴリ
    • Fearは変化なし?
  • Cast timeのあるCCをInstantにする効果は全て削除
  • 多くのCCを削除し、残ったものに関してはCDが長くなるか、制限がかかる
    • PetのCCはより限定的になり、多くは削除される
    • Cycloneは無敵とMass Dispellで解除可能に
    • PvP Trinketは、今までの効果に加えて、持続エフェクト(Solar Beamなど)がある場合は、同じエフェクト(同一cast)を無効にする効果が付く。
    • PvPでのFearは、対象が移動するため持続時間が短くなる(8→6秒)。移動と持続時間にどういう関連があるのかは不明
  • CC Breakスキルに関しては、あまり触る必要が無いという認識
    • ただし、Root Breakに関しては、Instant Castが少なくなるのとRootが全てひとつのDRになるので、調整を考慮中。

PvP

  • 多くのBurst CDとProcを削除
  • PvPシーンにおいては、Critical Damageが2倍から1.5倍へと変更
  • Interruptは維持。
  • 全体的なバランス(Arena?)としては、マッチ時間を長くしたいが、ヒール力は抑えたい。

スキル削減

  • Bloodlust/Heroismは、唯一のRaid-wide Offensive CDとして維持。 それ以外(Stormlash TotemとSkull Banner)は無くなる。
  • Raid-wide Defensive CDは、コンセプトとしては維持。調整は入るかも。
  • SoOのデータから、Amplify/Cleaveは無かったことになるかも
  • Druid
    • Tiger’s FuryとBerserkはどちらも維持。
    • Nature’s SwiftnessはCycloneには使えないが、それ以外のスペルには継続して利用可能
  • Hunter
    • Counter Shotは維持、Silencing Shotは削除
    • Wyvern Stingは維持
    • Scatter Shotは削除
    • Trapはセットして即座に発動可能に。(地面にセットされるまでは発動不可)
  • Mage
    • CombustionのダメージはIgniteに依存するので、DoT Snapshottingがなくなることによる変更はない
    • Water ElementalのFreezeは維持。ただし、FreezeとCDを共有する別のスキルを覚えさせることが可能(PvE用?)
  • Paladin
    • HolyはCDが多すぎたので色々マージ。
  • Rogue
    • Burst CDは以下のものとTalent以外は削除
      • Adrenaline Rush、 Killing Spree、Vendetta、Shadow Dance
    • PreparationはPassiveになるかも?
    • Tricks of the Trade: +dmgは削除。 コスト無しに変更。
  • Warlock
    • Seductionはnerfされるが維持。
  • Warrior
    • ChargeはRootに(現在はStun)
    • WarbringerでChargeが1.5s Stun (DR無し)になる

WoD Sneak Peek (ネタバレ有)

WoDを5時間ほどプレイした人の感想の訳です。 (http://www.mmo-champion.com/content/3792-Warlords-of-Draenor-Press-Events-Gameplay-Footage-and-Spoilers)

レベリングとその他の数字的なもの

  • Gnome Warriorを5時間ほどプレイ。 AllianceのスタートゾーンはShadowmoon Valleyで、クエストを80こなし、Lv92になった。
  • Lv91のTankでHPは63kだった。
  • 敵のHPは大体100kほど。
  • 通常攻撃は1k~5kで、一部のスキルはcritで10k程度。
  • Lv90からLv91に必要な経験値は597kで、Lv91から92へは640k。
  • クエスト報酬の経験値は10kから15k、多いもので20k程度。
  • Bonus Objectivesという新しいタイプのクエストが追加されている。  これはゾーンを歩き回っていると自動的にリストに追加され、完了すると経験値がもらえる。 そのゾーンから出るとクエストは消える。

Shadowmoon Valley

  • Shadowmoon Valleyは(TBC時代と打って変わって)月明かりに照らされた緑の生い茂る平原で、非常に平和的。 森の中は色鮮やかで素晴らしい。 このゾーンにはNaaru、Draeneiの都市や、Iron Hordeの要塞がある。
  • このAllianceのスタートゾーンはほぼ完成しているように見える。 非常に細かな部分まで手が込んでいて、豊かな植生と色々な種類のモンスターがいる。
  • TBC時代に登場したTalbuk、Nether Ray、 Turtle、 Larva、 Boar、Sporebat、Wolf、Bee の種族のモンスターはアップデートされたようだ。新しいTalbukとSporebatはヤバイ。
  • このゾーンのメインの悪役はNer’zhul。
  • このゾーンの最後にはシナリオがあるが、まだテストできる状態ではなかった。 名前はGrommar’s Purge(フランス語からの訳?)。
  • 全体的にこのゾーンは良く出来ていると感じた。 プレイヤーは広大な平原と鮮やかな森にすぐ魅了されるだろう。 景色は新鮮で、「どっかで見たような・・・」というデジャヴはほとんど無い(いくつかのモンスターは例外)。

その他

  • 新しい種族モデルは素晴らしい(♀ドワーフも作れた)。 顔の表情が非常に豊か。
  • 新しい音楽もいいね。
  • ベータはSoon(tm)。

 

以下更なるネタバレ (ゾーンの最後のシナリオはかなーり重大なイベントなので、読まない方がいいかも!特にAllyの人。  読みたい人はテキスト選択で色反転させてね)

Ner’zhulはVoid Terrorという悪の力を使う。 このゾーンの最後で、プレイヤーはNer’zhulと戦い、Ner’zhulはあるNaaruを一人Dark Naaruへと堕落させる。Velenは自らの命を犠牲として、このNaaruを浄化する。 このイベントは非常に重要なストーリー上のターンポイントで、Velenの死はクエストの最後に動画として用意されている。 彼の死後、戦いが勃発し、Maraad(Ner’zhulから救出済み)と共にIron Hordeと戦うことになる。

WoDでの装備とStatsについてのアップデート

主に以下からの翻訳

http://www.mmo-champion.com/content/3671-Upcoming-Character-Model-Preview-Jan-3-Hotfixes-Blue-Tweets-Diablo-Themed-HS

  • Cleave (新しいTertiary Stats)が、DPSやTankよりHealerにより適しているであろうことは認識している。 何かしらの対策を考慮中。
  • Specを変更すると装備のPrimary StatsがSpecに応じて変化するが、Gemは変化することは無い。
  • Primary StatsのGemは存在しなくなる。
  • 確定ではないが、現在のところ大多数のGem Socketは完全なるボーナスとして付加される。つまり、全く同じStatsの装備で、片方はSocket有り、片方はSocket無し、というものが存在しうる。
  • Tertiary StatsはGemでは提供されず、Enchでも提供されない可能性が高い。ただし、Run Speedのように現存するものに関しては引き続き提供される。
  • Readiness(新しいSecondary Stats)のCD低減は、Raid Tacticsを破壊しない程度にTuningされる予定。 たとえば、Boss XにはSpell YのCDをZ秒にするために900 Readinessが必須、のようなことはほとんど無い予定。 対象となるSpellは、現存する似たTrinketとは異なる予定。 ただし、基本的には長めのCDが対象だが、必要に応じてローテスキルも対象になり得る。
  • Dodge/Parry
    • 装備にはDodge/Parryは付かない。
    • 戦闘の仕様としては引き続き存続する。
    • Strは引き続きParryの上昇に寄与する。
  • GemではArmorを含め全てのSecondary Statsが提供される

Group Finder – 5.4.2とWoD

元記事: http://www.mmo-champion.com/content/3617-WoD-Group-Finder-Dec-5-PTR-Notes-Update-Blue-Tweets-Just-Another-Morning

Group Finderに関しては、2つの開発が同時進行している。 ひとつはPatch 5.4.2へ向けたRaid Browser(既存機能)のCross-realm対応。 もうひとつは、WoD(Patch 6.0)での新しい Group Finder。

6.0のGroup Finderでは、考えられるあらゆるグループに対応が可能で、現在のRaid Browserのように誰にも見つからないようなものではなく、より中心的なUIとして提供される。

6.0のGroup Finderは、Blizzard版OQueueと考えて差し支えないが、完全に同じというわけではない。 例えば、OQueueのようにBattle.net TagやReal IDを交換する必要は無い。

OQueueはToS (Terms of Service)の違反にはならない。 (注: Curseに無いのは、寄付を募るボタンがあるためで、Blizzard的にはAddonに何も問題は無い。 Blizzard社員もかなり使っている。)

6.0のGroup Finderは、OQueueのようにリーダーが募集に制限(条件)をかけられる。これは、グループ募集をより直感的かつスムーズに行うためで、プレイヤーに多大な負担をかけないようにしたい。 詳細は今のところ不明。

現在のLFD/LFRはそのまま継続する。 Group Finderは、ランダムなマッチメイキングを避けたいプレイヤーのための新しい機能という位置づけ。